• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 571
  • 公開日時 : 2021/04/14 00:00
  • 更新日時 : 2021/04/14 10:33
  • 印刷

タイヤ

タイヤ
カテゴリー : 

回答

自動車が走るうえで必須で非常に重要です。
溝の残り(プラットホームの露出)、空気圧を定期的に確認して、安全・快適に走行できる状態かチェックしましょう。空気圧が低いと燃費が悪くなったりします。

■利用する季節
[ 夏タイヤ ]
一般的にタイヤといったら夏タイヤ、サマータイヤのこと。雪が降らない季節に履く一般的なタイヤです。

[ 冬タイヤ ]
スタッド(鋲)レスタイヤのこと。昔はスタッドがついたスパイクタイヤがありましたが、環境に悪いため使用が禁止されました。雪が降る季節になると履くタイヤで、圧雪路、凍結路でもグリップするように柔らかいゴムで造られています。
年数が経過するとゴムが硬くなってきて、当初の性能を発揮できなくなってきますので、溝が残っていても替えた方が安心です。
タイヤ交換が面倒で、夏でも冬タイヤを履いたままの人がたまにいますが、夏にはゴムが柔らかすぎて性能が悪化しますし、排水性能も低いので夏になったら必ず夏タイヤに交換!
また、夏場にはゴムが柔らかすぎ、すぐにすり減ってダメになってしまうので勿体ない。
ちなみに4WDは雪に強いイメージがありますが、発進性能が高いのであって、停止に関する性能は2WDとの差はほぼありませんので過信しないようにしましょう。

[ オールシーズンタイヤ ]
欧州車は標準で装備されていることがあります。マッド(泥)&スノー(雪)対応のタイヤです。
その名前の通りオールシーズンに対応していますが、スタッドレスタイヤに比べると雪に弱く、凍結路には対応していないです。
雪道での性能はおおよそ スタッドレスタイヤ >> オールシーズンタイヤ >>>>>>>> 夏タイヤ
 

■性能
タイヤによって、燃費を重視したタイヤ、静穏性を重視したタイヤ、グリップ力を重視したタイヤなど様々な種類があり、値段も様々です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

PAGE TOP